筋引包丁(スライサー)

{{caption}}

スライサー(筋引包丁)について

もともとは大きな肉のかたまりを筋に沿って切り分けるための包丁で、シェフナイフの刃幅を狭くしたような形状です。長い刃先を利用して、刺身のサクを切り分けたり、ローストビーフやハムなど食材を薄くスライスする削ぎ切りにも適しています。

おすすめスライサー

  1. ツヴィリング ディプロム スライサー 240mm
  2. MIYABI 6000MCT 筋引包丁
  3. MIYABI 5000MCD 67 筋引包丁 240mm

筋引包丁の選び方

平均刃渡りは24cmと長く、アゴから切っ先にかけて滑らす様に一度で食材を切り落とすことで、食材の繊維を潰さずに美味しく切ることが可能です。保管には刃を傷つけないようにマグネット式のナイフブロックがおすすめです。

ツヴィリングの筋引包丁(スライサー)は高硬度のステンレス鋼製なので、ご家庭でもお手入れがしやすく、永切れを可能にします。 初心者の方にまずおすすめなのがツヴィリング アークL スライサー
また少し良いものをお探しの方におすすめのスライサーは、ツヴィリング ディプロム スライサー 240mm。ル・コルドン・ブルーと共同開発して誕生したナイフです。
また芸術品のようなナイフをお探しの方におすすめなのは、MIYABI Black 筋引き240mm。天然木の「アッシュ材」を黒染めしたハンドルに133層のダマスカス紋様の美しい一本です。

包丁の種類

刃渡りの長さ、刃形の違いで、様々な種類の包丁があります。用途によって使い分けることによってよりスムーズに調理することができます。
包丁の種類

ツヴィリングの包丁について

1731年に双子マークが登記されて以来、ツヴィリングはナイフを中心とした高品質・高機能なモノづくりに一貫して邁進してきました。286年以上を経た現在も、双子マークのナイフはツヴィリングを代表する製品として国境を超えて幅広く愛用されています。
ZWILLING(ツヴィリング)製品一覧

QUALITY
包丁に必要な「切れ味」「切れ味の持続性」「耐蝕性」を実現させるため、独自開発したCRYODUR®、FRIODUR®の熱処理工程を使い分け、さらに各部に最適な素材を使用し製造しています。

EASY TO USE
ブレードとハンドルの重量バランスを取ることで手に負担が少なく疲れにくい構造を採用し、ハンドルはエルゴノミックによって「握り易さ」「力の入り方」に優れています。

DESIGN FUNCTION
ツヴィリングは持ちやすさを考慮した特別なデザイン設計と、美しいシルエットの調和を追求しています。

包丁のお手入れ

どんなに良い包丁でも使っていると切りにくくなってしまいます。切りにくい包丁を使っていると余計な力が入り、疲れにくくもなってしまいます。ご家庭で定期的にメンテナンスをしてください。砥石・シャープナーを見る
またオンラインショップではオンラインで弊社商品のシャープニングサービスを承っております。ぜひこちらもご利用ください。
シャープニングサービス

{{{seoText}}}