いつでも最高の切れ味に

ZWILLING V-エッジ

Sharpness at its cutting edge

V-エッジは、ご家庭で簡単にナイフの切れ味を仕上げるシャープナーです。

簡易型シャープナーと砥石の利点を併せ持ち、手早く簡単に切れ味を良い状態に仕上げます。刃に優しいセラミック製の砥石が、刃先全体を均一に研ぎあげます。

*本製品はステンレス両刃包丁専用です。片刄(出刃包丁等)、波刃(パンナイフ等)にはご使用いただけません。

商品詳細ページはこちら


セット内容


V-エッジの特徴

ZWILLING-V-Edge-pic_640x400_02

ご使用方法

V-エッジにナイフを通すだけで、切れ味の落ちたナイフを簡単に研ぐことができます。

切れ味が落ちている場合は荒研ぎの砥石(青)を、切れ味がやや落ちてきたナイフの場合は、仕上げの砥石(緑)を使用してください。

Step 1

V-エッジを平らですべらない台に置きます。台が濡れていないか十分にご確認ください。

Step 2

ナイフの種類・状態に合わせて、アダプター・砥石を選びます。左右同じ種類を組み合わせてください。アダプターに砥石を装着し、V-エッジ本体の溝部分にV字になるように設置します。

Step 3

設置が完了したら、V-エッジを片手で押さえ、ナイフをもう一方の手で持ちます。

zwilling_v-edge_knife-sharpener_step-all_736x415

Step 4

ナイフを水平に握り、刃の手前部分をV字の砥石の間に載せます。砥石の間を約45度の角度で斜め手前に滑らせながら、ナイフを引き抜きます。

Step 5

Step 4を10〜20回ほど繰り返します。

Step 6

荒研ぎした場合は、その後仕上げ用砥石で研ぐとより鋭い切れ味に仕上がります。また最初に仕上げ用砥石で研いで切れ味が戻らなかった場合は、荒研ぎ用砥石で研いでから仕上げ用砥石をお試しください。

重要

本製品はステンレス両刃包丁専用です。片刄(出刃包丁等)、波刃(パンナイフ等)にはご使用になれません。


シャープニングの基本

ステンレス製包丁は、使用しているうちに切れ味が鈍くなってしまいます。食材や使用しているまな板によっても切れ味の落ちるスピードは変わりますが、定期的なメンテナンスは必要です。

ナイフの切れ味とは

お手入れのタイミングの目安は?