包丁の種類と選び方

包丁の種類と選び方

包丁を選ぶとき、種類も値段も選択肢が多いなか、どのように選んでいいのか悩まれる方も多いはす。

このページではどのように包丁を選んだらいいのか、包丁の種類についてご紹介いたします。

一度購入したら、頻繁には買い換えない商品だからこそ、自分にぴったりの一本を選んでくださいね。


包丁の選び方


①最初の一本の選び方

多くの種類の中から、まず最初に選びたい包丁は「三徳包丁」か「牛刀・シェフナイフ」がおすすめです。

どちらも肉・魚・野菜の調理に日常で活躍する「万能包丁」です。

日本の家庭で見慣れた包丁は「三徳包丁」なので、使い慣れたものを選ぶ場合「三徳包丁」を選んでください。

刃渡りは15cm〜18cmのものが家庭で使いやすいサイズになります。


「三徳包丁」は使ったことがあり、またより大きいサイズの野菜などを切る機会が多い場合、「牛刀・シェフナイフ」がおすすめです。

牛刀はアゴから切っ先まで刃全体で切ることができるので、大きな食材を切るのに適しています。

刃渡りは16cm〜24cmほどのものがありますが、家庭の台所のサイズに合わせてお選びください。

刃渡りが長いものほど、広い調理スペースがあるほうが使いやすくなります


②2本目に選ぶ包丁

三徳、もしくは牛刀の万能包丁ともう1本「ペティナイフ」も一緒に持っていると使い分けができて便利です。

「ペティナイフ」はフルーツや野菜の皮むき、また薬味を少し刻む、というような細かい作業に適しています。

刃渡りは9cm〜16cmですが、女性の手だと12〜13cmが手に馴染み使いやすいサイズと言われています。


他には...

用途に合わせて、お肉やお魚をスライスする「筋引包丁」や千切りが得意な「菜切包丁」、

パンやケーキを切る「ブレッドナイフ」などを買い足してください。

切りやすい包丁を持っていると、お料理の時間がより楽しくなります。

ぜひ自分に合った包丁をお選びください。


包丁の種類

包丁をしっかりと選び使い分けることで、食材を切ることが楽になり、より調理が楽しくなってきます。

万能包丁と言われる用途の広いものや、皮むきや小回りの効く様々な種類の包丁があります。


三徳包丁

三徳包丁 日本のご家庭で最も使用されている包丁

包丁と言えばこの形を思い浮かべる方も多いのでは。日本のご家庭で最も使用されている包丁の一つです。食生活の変化により、日本でも肉が食されるようになり、日本の伝統的な菜切包丁と西洋から伝わったシェフナイフ(牛刀)の長所を組み合わせて誕生したと言われています。

刃先の直線部分が長めに作られているので、押し切りに向いています。昨今では世界的な日本食ブームの影響で、海外のキッチンでもこのナイフが『Santoku』という名で普及し始めています。

肉、魚、野菜など幅広い食材に対して使いやすい万能包丁です。また、千切りなど菜切包丁が得意な切り方をメインで使用したい場合、三徳包丁がおすすめです。


牛刀・シェフナイフ

牛刀 欧米におけるいわゆる万能包丁

『牛刀』という名称から日本では『肉を切る為の専門包丁』と思われがちなシェフナイフ。

曲線のラインを描く刃先は、アゴから切っ先までを滑らせて切るスライシング(引き切り)に向いています。切っ先を押さえて扇状にカットするみじん切りにも有用です。

引き切りは刃全体を使って切るので、牛刀の方がより大きな食材を切ることができます。
刃渡りが16cmから24cmと長いものまでございます。刃渡りの短い牛刀はアジやイワシなどの少し小さい魚を三枚におろすのにも便利です。


コンパクトシェフ

コンパクトシェフ 日常使いの新スタンダード

ライフスタイルの変化に伴う食材の小型化、キッチンのスペース事情に合わせて開発された独自のコンパクトナイフです。
ツヴィリングの考える日常使いの新スタンダードというべきナイフです。

刃渡りが短いながらまな板に接する直線部分が長めに作られており、押し切りも可能。切っ先までの曲線を活かしたスライシング、鋭角の切っ先を利用した細かい作業にも適しています。

一人暮らしの方やキッチンがあまり広くない方におすすめの包丁です。刃渡りは13~15cmなので、カット野菜を使って調理したり、ペティナイフのように皮をむくのに便利な長さです。


ペティナイフ

ペティナイフ 一般的な小型包丁

フルーツや野菜の皮を剥くなど、まな板を使わない作業に向いています。切っ先を鋭く仕上げているため、芯をくり抜いたり飾り切りなどの細かい作業にも適しています。
手にしっくりおさまるサイズ感が特徴です。

刃渡りが13cmほどのペティナイフであれば、小さめの調理用包丁として香味野菜を刻んだり、薄切り肉を切ったりするのにも便利です。

三徳包丁と合わせて持っていると調理の幅が広がりおすすめです。

筋引包丁・スライサー

筋引包丁 お肉の塊やお魚の柵に

シェフナイフの刃幅を狭くしたような形状でもともとは大きな肉のかたまりを筋に沿って切り分けるための包丁です。長い刃先を利用して、刺身のサクを切り分けたり、ローストビーフやハムなど食材を薄くスライスする削ぎ切りにも適しています。

アゴから切っ先にかけて滑らすように一度で食材を切り落とします。そのため刃渡りが長いほど広いスペースがあった方が使用しやすくなります。使いやすいサイズとしては24cmの筋引包丁がおすすめです。


パン切り包丁

パン切り包丁 パンなどを切るのに適した包丁

スポンジ状のやわらかいパンやスポンジケーキ、表面のかたいパンを切るのに適した包丁です。通常の包丁と異なり、刃が入りづらいやわらかい食材向けに、刃先に波刃の加工が施されています。冷凍包丁としてはご使用できませんので、ご注意下さい。

波刃タイプのパン切り包丁は硬めのパンから柔らかめのパンまで万能に切ることができます。
刃渡りが20cmほどあれば、通常の食パンサイズのパンから硬いフランスパンまでご使用いただけます。



ブランドから選ぶ