包丁の持ち方

包丁の正しい持ち方とは

包丁の持ち方にルールはなく、基本的に自分が持ちやすいと思う持ち方でリラックスすることが大切です。また、用途や食材に合わせて包丁の持ち方を変えると思い通りに包丁を動かすことができ、調理の幅が広がります。適切な持ち方は正確かつ効率よく力が包丁に伝わるため、刃への負担が軽減されます。また長時間の作業でも疲れにくいという利点もあります。

持ちやすい包丁を使うメリット

持ちやすい包丁のポイントは、「フィット感」と「重量バランス」です。しっかりと手にフィットするハンドルを選ぶと、手の延長のような感覚で調理ができ、長時間使用しても疲れにくいというメリットがあります。アーチ型やストレート型、左利きの方でもご利用いただける左右非対称ハンドルなどさまざまな形状を握り比べ、持った時の安定感を重視して包丁を選ぶことをおすすめします。

また、ブレードとハンドルの重量バランスも持ちやすさのポイントに。ツヴィリングの包丁は重量バランスを考えて設計されており、適度な重さを利用することで手の負担が少なくなるというメリットがあります。硬い食材などを切る際は、包丁自体の重さで力が入りやすくなり、楽に切ることができます。